ペットと一緒に行けない時に、ペットを預かってくれるペット専用の宿泊施設がペットホテルです。

 

海外旅行や出張、身内の冠婚葬祭などで、どうしてもペットを連れて行けない時に便利です。

 

しかし家族の一員であるペットを他人に預けるのはとても不安です。
なるべく安心して快適に過ごせるペットホテルを探したいものですね。

 

なかには1日数回、散歩に連れ出してくれるホテルもありますので、外でないと用を足せない犬には安心ですね。

 

猫や小動物も預かってくれるペットホテルもありますよ。

 

場所は東京や大阪などをはじめ、北海道から九州まで全国にペットホテルは結構たくさんあります。

 

食事はいつも食べているご飯を準備して持っていきます。
布団も使い慣れたものを持ち込んだ方が、ペットが安心して過ごせると思います。

 

また、ペットショップやペットサロン、動物病院なども一時預かりサービスをしているところもありますので、行きつけの慣れたサロンや病院を利用するのもいいかもしれません。

 

さて気になる料金ですが、ペットの大きさで変わってきます。

小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬、猫、小動物と分類され、それぞれ宿泊料金は違います。

 

私が以前行ったペットホテルでは、3匹目からは無料でした。
ホテルによって料金設定は違いますので、しっかり確かめてから行きましょう。

 

どうせ旅行に行くなら大好きなペットもつれて旅行に行きたいと思うなら、ペットと泊まれる宿を利用するといいですね。

 

ペット同室で泊まれるホテルや、ペットの食事があるホテルもあります。
なかにはペットと一緒に入れる温泉があったり、ドッグランのあるホテルもあります。

 

しかしどのペットホテルにもペットと泊まれる宿にも、ペットを預けるに際しての決まりがあります。

 

狂犬病予防接種、ワクチン注射をキッチリと受けていることはもちろんのこと、中にはトイレのしつけが出来ていること、室内で飼われていること、無駄吠えが無く、留守番がきちんとできることなどの条件があるホテルもありますのでご注意下さい。

 

細かな条件はホテルごとによって変わってくると思いますので、心配事などがある場合には現地に行く前にきちんとペットホテルに確認しておくと良いです。

 

そしてリードやトイレシーツ・ペット用のバスタオルなど持参が必要なものもあり、忘れ物が無いようにすることも大切になります。

 

確認しておく事で、ペットも安心して過ごせるし、自分自身に余裕も出て大切なペットと素敵な思い出作りが出来ます。